Column 美容・マッサージについての豆知識

2020/12/10

体が硬い方必見!体を柔らかくするストレッチ法5選!

はじめに

 

体が硬いと、さまざまなメリットがあることをご存じでしょうか?
たとえば、けがをしにくくなったり、免疫力がアップしたり…など、メリットは数え切れません。

ここでは体を柔らかくするメリットや効果的なストレッチ法を5つご紹介しますので、毎日のちょっとした空き時間にぜひ、効果的なストレッチを取り入れてみてください。

 

体が柔らかいメリット

 

体が柔らかいと、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

  • 血流がよくなり新陳代謝がアップする

体が柔らかいと、血行が促進され新陳代謝がアップすると言われています。
さらに、お尻やウエスト、脚などが引き締まり骨盤周りも鍛えられるのでさまざまな部位の痛みが軽減するとか。
女性にうれしいのは自然に姿勢がよくなることです。

 

  • 腰痛や肩こりが軽減される

女性に大敵なのが腰痛や肩こり。
体が柔らかいと、そんな悩みも解消します。
体が硬いと、関節に大きな負荷がかかってしまい体が動かしにくくなるため、腰痛や肩こりが起きるそうです。

つまり、体を柔らかくすれば関節への負担が軽くなり、肩こりや腰痛が解消されるというメカニズムです。

 

体を柔らかくするストレッチ

 

では、ちょっとした合間時間にできる、体を柔らかくするストレッチを4つご紹介しましょう。

 

  • 股関節のストレッチ①

股関節を柔らかくするストレッチのやり方です。

1.座った状態で軽く両膝を曲げ、脚を左右に開きましょう。
この時のイメージは天井から頭が吊り下げられている感じ。
背筋は伸ばしてください。
2.姿勢を保ったまま、ひじから先の部分を床に付けましょう。
上体を前屈させ、つま先とひざを天井へ向けます。
しっかりと呼吸を吐き出しながら前屈させていきましょう。
3.しっかりと背筋を伸ばしながら呼吸を続け、前屈の状態で20~30秒間キープ。

これを5セット繰り返します。
ただ、自分のペースを守ることが重要で、痛みが起きる場合は中止します。
しっかりと筋肉をほぐしてあげれば、免疫力もアップし健康な体づくりに役立ちますよ!

 

  • 股関節のストレッチ②

もう1つ股関節のストレッチをご紹介します。

1.あぐらのような姿勢で座り両足の裏同士を合わせ、体にかかとを付けましょう。
2.30秒間骨盤を立てた状態で深呼吸。
3.背中をまっすぐにし床に手を付けゆっくりと状態を前へと倒します。

イタ気持ちいいところでストップ、60秒間深呼吸しましょう。
ポイントはゆっくりと股関節を柔らかくするようなイメージで行うこと。

 

  • 肩甲骨のストレッチ

次に肩甲骨のストレッチです。

1.肩の服を手でつかみましょう。
この時、強く引っ張らず軽くつかむのがポイント。
ゆっくり後ろへと回し、両手が胸の前に来た時両ひじ同士合わせましょう。
2.ゆっくりと5周させたら、逆回しを行います。

肩甲骨を柔らかくするストレッチは左右それぞれ10セットずつ行うのがおススメ。
このストレッチなら椅子に座ったままでもできるので、オフィスなどで休憩時間にもできそうですね。

 

  • ももの裏側のストレッチ

1.背筋を伸ばした状態で肩の力を抜き足を肩幅より少し広げて立ちましょう。
2.息を大きく吸いゆっくりと吐きながら状態を正面に倒します。
手を床に付け伸ばし20秒間息を止めずに保ちます。
3.息を吸いながらゆっくりと状態を起こし、吐きながら状態を左に倒しましょう。
4.両手を重ねつま先に付け、20秒間呼吸を止めずにキープしましょう。
終わったら、右側も同様に行います。

 

  • 胸と腰のストレッチ

次は胸と腰のストレッチです。

1.肩幅程度に足を開き立ちましょう。
2.両手の指同士を絡ませお祈りのポーズ。
3.両手を上に上げていきながら手の平を返しましょう。
4.空をぐっと押し上げるイメージで耳に腕をつけましょう。
5.ゆっくりと元に戻す→5セット繰り返します。

このストレッチを行うことで背中にあるインナーマッスルが伸びるという効果があります。

 

体を柔らかくするストレッチを行う際のポイント

 

では、体を柔らかくするストレッチを行う際に気を付けるべきポイントってあるんでしょうか?

 

  • 毎日決まった時間に

ストレッチを行う際に最も重要なのは毎日決まった時間に行うこと。
これは肉体的にも精神的にも重要なことです。
もちろん、ストレッチを効果的に行うには入浴後の体が温まった時がおすすめですが、帰宅が遅い方にとっては負担かもしれません。
人それぞれ毎日ストレッチに適した時間は違います。
たとえば、朝時間がある人なら仕事や学校へ行く前、夜時間に余裕がある方はお風呂から上がった時…など、自分が最もやりやすい時間に行うといいでしょう。

大切なのは毎日の生活に取り入れ習慣づけること。
そうすれば、長期間継続しやすいですよね。
最初のうちは面倒だと思うでしょうが、習慣がついてしまえばストレッチをしないといられなくなるかもしれません。

 

  • 痛みが出たら中止する。

いくら体が柔らかくなるストレッチとは言え、痛みが出るたら中止しないと意味がありません。
痛みが起きると筋肉が緊張してしまい、うまく筋肉が伸びなくなります。

まとめ

 

体が柔らかくなるストレッチを5つ、ストレッチする際の注意点についてもご紹介しました。
体が柔らかいとさまざまなメリットがあることがお分かりいただけたと思います。
しなやかな体を手に入れれば、血流がよくなり新陳代謝がアップしたり、姿勢がよくなったりといいことずくめです。
今日からぜひ日々の生活の中にストレッチを取り入れていただければと思います。

体を柔らかくしたいなら、villaで全身マッサージを受けるのもおススメ。
硬くなった筋肉やその周囲にある関連筋をていねいに温めながらもみほぐします。
全身をリラックスさせながら筋肉を柔らかくし、脂肪燃焼しやすい体へと持っていきます。
体が硬くてお悩みの方はvillaに起こしいただき、施術を受けてみてくださいね!